サンドについて

ニュース

2009年10月5日

報道関係各位
サンド(ドイツ)が発表したリリースの日本語訳(要約)を
ご参考までにお届けします
サンド株式会社
東京都港区西麻布4-16-13
Tel:03-5469-5653
Fax:03-3409-1046
www.sandoz.jp

日本初、バイオ後続品
ソマトロピンBS皮下注5mg「サンド」、同10mgを新発売

  • サンド株式会社は6月の承認取得を受けて本邦初のバイオ後続品であるヒト成長ホルモン製剤ソマトロピンを発売しました
  • この上市により高品質なバイオ医薬品へのより広いアクセスを、世界で2番目の市場規模をもつ日本の患者さんに提供致します
  • ヨーロッパではバイオ後続品が医療費削減に大きく貢献しています

サンド株式会社(代表取締役 社長:中道淳一)は、9月24日に遺伝子組換えヒト成長ホルモン製剤「ソマトロピンBS皮下注5mg『サンド』」、「同10mg」(以下、ソマトロピン)を新発売しました。ソマトロピンは本邦初のバイオ後続品です。ソマトロピンはヨーロッパおよび米国ではオムニトロープ®の商品名で既に販売されています。

サンド社のグローバルCEOであるジェフ・ジョージは本日開催されたメディアフォーラムで次のように述べました。「バイオ医薬品は現代社会において最も複雑な疾病に罹患されている患者さんに、現実の治療上の希望を提供できる薬剤です。バイオ後続品は患者さんの治療の選択肢を拡げるものです。この度、日本でもこのことを実現することができたことをうれしく思います。」

また、ゲストスピーカーとして講演した、ドイツIGES研究所のBertram Haeussler教授は、すでにヨーロッパでは数種類のバイオ後続品が数年前から販売されており、価格競争により医療費が削減されていることを実績を示しながら説明しました。また、ヨーロッパ最大の市場であるドイツの例をあげ、2020年までに健康保険組合は81億ユーロの薬剤費を削減できると見込んでいると話しました。この推計の前提は、政策によってバイオ後続品の価格競争における正しい「フレームワーク」が作られ、参照価格がバイオ後続品に適用されるなどの「参入障壁」が作られないことであることを付け加えました。

また、サンド株式会社のCEOである中道淳一は次のように述べました。「ヨーロッパでの経験やデータから日本は多くのことを学ぶことができると思います。また私達はこの特筆すべき新しい薬剤で日本のステークホルダーの皆様と共に医療費削減に貢献できることを切に願っています。」

サンドはヨーロッパおよび米国で、オムニトロープ®の承認取得および販売によりバイオシミラー(ヨーロッパでの呼称)、フォローオンバイオロジクス(米国での呼称)のパイオニアとなりました。また、サンドはヨーロッパで唯一バイオシミラーを3製品販売している会社です。

本リリースには、現時点における将来の予想と期待が含まれています。したがって、その内容に関して、また、将来の結果については、不確実な要素や予見できないリスクなどにより、将来の結果が現在の予想と異なる場合があることをご了解下さい。なお、詳細につきましては、ノバルティスが米国証券取引委員会に届けておりますForm20-Fをご参照下さい。

サンドについて

ノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であるサンドは、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質で適正な価格の製品を提供しています。約1,000品目のポートフォリオを持ち、130カ国以上で事業展開しています。主要製品は抗生物質、中枢神経製剤、消化器系製剤、循環器系製剤、そしてホルモン製剤です。サンドはそれらの製品および原薬を開発、生産、販売しています。ここ数年の内部成長に加え、レック(スロベニア)、サベックス(カナダ)、ヘキサル(ドイツ)そしてイオン・ラブズ(米国)の買収を行いました。2008年の従業員数は約23,000人、売上高は約76億米ドルでした。

PDFファイルはこちらからご覧頂けます。

[問合せ先]

森本 美智代
サンド株式会社
人事・コミュニケーション本部 コミュニケーショングループ
(03) 5469 - 5653
michiyo.morimoto@sandoz.com

[Chris Lewis]

Sandoz Global Communications
+49 172 141 8749
chris.lewis@sandoz.com