サンドについて

ニュース

2012年5月18日

報道関係各位 サンド株式会社
東京都港区西麻布4-16-13
Tel:03-5469-5653
Fax:03-3409-1046
www.sandoz.jp

サンド株式会社とニプロファーマ株式会社との日本国内におけるソマトロピンBS皮下注「サンド」5mg、同10mgの情報提供活動に関する提携について

サンド株式会社(代表取締役社長 中道 淳一)とニプロファーマ株式会社(代表取締役社長 佐藤 誠)は、日本国内におけるソマトロピンBS皮下注5mg「サンド」及びソマトロピンBS皮下注10mg「サンド」の情報提供活動を協力して行うことに合意しましたので、お知らせいたします。

ソマトロピンBS皮下注「サンド」5mg、同10mgは、サンド株式会社が2009年6月22日に本邦初のバイオ後続品※1として製造販売承認を取得した遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤です。

この度の提携により、サンド株式会社とニプロファーマ株式会社は、本年6月より情報提供活動を行う地域を分担し、コ・プロモーション※2を開始します。これにより、ソマトロピン製剤としては国内で唯一のバイオ後続品であるソマトロピンBS皮下注「サンド」5mg、同10mgを、国内全ての地域の患者さん、医療従事者の皆様に速やかにお届けすることが可能になり、本製品の情報提供活動がより充実したものになることが期待されます。

この度の提携について、代表取締役社長 中道淳一は次のように述べています。
「ニプロファーマ株式会社との協力により、弊社の高品質な成長ホルモン製剤ソマトロピンBS皮下注「サンド」5mg、同10mgを従来よりも多くの医療従事者の皆様に提供し、患者さんの治療選択肢をさらに増やすことが可能となりうれしく思います。」

サンド株式会社は、今後も患者さん、医療従事者の皆様に「安心・信頼」「付加価値」を提供できるよう医薬品の開発、製造、販売に努めて参ります。

1) バイオ後続品:国内で既に承認されたバイオテクノロジー応用医薬品(先行バイオ医薬品)と同等/同質の品質、安全性、有効性を有する医薬品として、異なる製造販売業者により開発される医薬品
(厚生労働省「バイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針」より)

2) コ・プロモーション:複数の製薬企業で、医療機関等への医薬情報提供活動(MR活動など)を通じて医薬品を並行して販売促進すること

本リリースには、現時点における将来の予想と期待が含まれています。したがって、その内容に関して、また、将来の結果については、不確実な要素や予見できないリスクなどにより、将来の結果が現在の予想と異なる場合があることをご了解下さい。
なお、詳細につきましては、ノバルティスが米国証券取引委員会に届けておりますForm20-Fをご参照下さい。

サンドについて

ノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であるサンドは、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の製品を提供しています。約1,000品目のポートフォリオを持ち、130ヶ国以上で事業展開しています。主要製品は循環器系製剤、抗感染症薬、中枢神経製剤、消化器系製剤、オンコロジー領域製剤、呼吸器製剤、血液・造血系製剤です。サンドはこれらの製品に加え、バイオ医薬品の原薬および製剤の開発、生産、販売も行っています。ここ数年の内部成長に加え、レック(スロベニア)、サベックス(カナダ)、ヘキサル(ドイツ)、イオン・ラブズ(米国)、エベベ ・ファーマ(オーストリア)、オリエル・セラピューティクス(米国)の買収を行いました。2011年の従業員数は約24,000名、売上高は約95億米ドルでした。詳細はwww.sandoz.comへアクセスください。

以上

PDFファイルはこちらからご覧頂けます。