サンドについて

ニュース

2014年11月28日

報道関係各位 サンド株式会社
東京都港区西麻布4-16-13
Tel:03-5469-5653
Fax:03-3409-1046
www.sandoz.jp

フィルグラスチムBS注75μg/150μg/300μgシリンジ「サンド」発売のお知らせ

  • サンド株式会社は、日本における弊社2製品目のバイオ後続品『フィルグラスチムBS注75μg/150μg/300μgシリンジ「サンド」』を発売
  • フィルグラスチムBS注75μg/150μg/300μgシリンジ「サンド」』はザルジオ®の製品名で世界約50ヶ国で既に販売中

サンド株式会社(代表取締役 社長 中道淳一)は、本日(11月28日)、日本における弊社2製品目のバイオ後続品である、『フィルグラスチムBS注75μg/150μg/300μgシリンジ「サンド」』(以下フィルグラスチム「サンド」)を発売しましたのでお知らせします。フィルグラチム「サンド」は、遺伝子組換えヒト顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤フィルグラスチムのバイオ後続品です。

この度の発売に際し、弊社代表取締役社長の中道淳一は次のように述べています。 「バイオ後続品のパイオニア、そしてリーディングカンパニーとして弊社2製品目のバイオ後続品を発売できたことを大変嬉しく思います。弊社のフィルグラスチム「サンド」は、約50ヶ国で臨床使用実績を持つ製品です。また、ヨーロッパのフィルグラスチム(1日1回投与)製剤市場ではシェアNo.1を誇る製品です。このような豊富な臨床使用実績を持つ製品を、日本の患者様、医療従事者の皆様にお届けすることができることを大変嬉しく思います。」

なお、当製品は沢井製薬株式会社と共同販売致します。

『フィルグラスチムBS注75μg/150μg/300μgシリンジ「サンド」』の製品概要

販売名:フィルグラスチムBS 注75μg /150 μg/300 μgシリンジ「サンド」
一般名:フィルグラスチム(遺伝子組換え)
効能・効果:造血幹細胞の末梢血中への動員、造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進、がん化学療法による好中球減少症、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の治療に支障を来す好中球減少症、骨髄異形成症候群に伴う好中球減少症、再生不良性貧血に伴う好中球減少症、先天性・特発性好中球減少症

サンドについて

ノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であるサンドは、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の製品を提供しています。世界160ヶ国以上で事業展開し、約26,500名の従業員を擁しています。2013年度の全世界における売上高は約92億米ドルでした。約1,100品目の製品ポートフォリオを持ち、バイオ後続品、注射剤、眼科領域、皮膚科領域そして抗生物質で世界市場1位につけています。主要製品は循環器系製剤、代謝性医薬品、中枢神経系製剤、鎮痛剤、消化器系製剤、呼吸器系製剤、ホルモン治療製剤です。サンドはこれらの製品に加え、バイオ医薬品の原薬および製剤の開発、生産、販売も行っています。製品群の約半数は開発および生産が難しいと言われる差別化可能製品群が占めています。2013年の強固な内部成長に加え、数年間に買収した、レック(スロベニア)、サベックス(カナダ)、ヘキサル(ドイツ)、イオン・ラブズ(米国)、エベベ ・ファーマ(オーストリア)、オリエル・セラピューティクス(米国)、フージェラ(米国)が成長に貢献しました。

以上

PDFファイルはこちらからご覧頂けます。