サンドについて

ニュース

2015年6月19日

報道関係各位 サンド株式会社
東京都港区虎ノ門 1-23-1
虎ノ門ヒルズ森タワー
Tel:03-6899-5335
www.sandoz.jp

新製品発売のお知らせ

サンド株式会社(代表取締役社長 長谷川智裕)は、本日(6月19日)下記3成分6規格の新製品を発売しましたのでお知らせします。

製品名 規格単位 薬価(円)
クロピドグレル錠25mg「サンド」 25mg1錠 48.30
クロピドグレル錠75mg「サンド」 75mg1錠 121.30
タクロリムスカプセル0.5mg「サンド」 0.5mg1カプセル 297.50
タクロリムスカプセル1mg「サンド」 1mg1カプセル 519.30
タクロリムスカプセル5mg「サンド」 5mg1カプセル 1946.30
ピタバスタチンCa錠4mg「サンド」 4mg1錠 118.00

この度の新製品発売に際し、弊社代表取締役社長 長谷川智裕は次のように述べています。
「この度発売した新製品を、より多くの患者さん、医療従事者の皆様にお届けし、日本の社会に貢献したいと考えています。厚生労働大臣は先日、ジェネリック医薬品の使用促進を更に強化するため、数量シェアを2020年度末までに80%以上とする次期目標を新たに定めると表明しました。この普及目標が達成されると2020年度末には約1.3兆円の医療費が削減できる見込みであると言われています。弊社がこの度発売したクロピドグレル錠を慢性疾患の患者さんが服用される場合、年間約6万円の医療費削減効果※があります。サンドは高品質でリーズナブルな価格の弊社のジェネリック医薬品を、患者さん、医療従事者の皆様へお届けすることで、患者さんの窓口負担、公費負担、保険料負担を削減することに貢献していくことをコミットしています。」

※弊社試算による、薬価ベース

サンドについて

ノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であるサンドは、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の製品を提供しています。世界160ヶ国以上で事業展開し、約26,000名の従業員を擁しています。2014年度の全世界における売上高は約96億米ドルでした。約1,100品目の製品ポートフォリオを持ち、バイオ後続品、抗生物質、眼科領域製剤、移植領域製剤で世界市場1位につけています。また、注射剤、皮膚科製剤、呼吸器製剤、循環器製剤、代謝性医薬品、中枢神経製剤、鎮痛剤、消化器製剤の各市場でリーディングポジションにつけています。サンドはこれらの最終製品に加え、中間体、また、バイオ医薬品の開発、生産、販売も行っています。製品群の約半数は開発および生産が難しいと言われる差別化可能製品群が占めています。2003年にジェネリックビジネスをサンドブランドに一本化して以来、強固な内部成長を実現しており、また、それに加え、フォーカスする地域を選択し、ヘキサル(ドイツ)、エベベ ・ファーマ(オーストリア)、フージェラ(米国)の買収をきっかけに、差別化可能製品群において強固な成長を継続しています。

以上

お問合せ先:サンド株式会社広報室 森本美智代
電話:(03)6899-5335
michiyo.morimoto@sandoz.com

PDFファイルはこちらからご覧頂けます。