サンドのジェネリック

サンドの抗がん剤

サンドは、2009年9月に抗がん剤注射薬において世界トップクラスであるEBEWEPharma社の抗がん剤注射薬事業を経営統合しました。そして、抗がん剤注射薬事業部門を立ち上げ、抗がん剤領域をさらに強化いたしました。

ONCO-SAFE(オンコ・セーフ)


サンドの抗がん剤事業部門では、2011年6月に上市したパクリタキセル点滴静注液「サンド」をONCO-SAFE付で日本の皆様に提供しています。 ONCO-SAFEとは抗がん剤のバイアルを覆う専用の容器で、その主目的は「抗がん剤に関わる全ての人の安全性向上に寄与する」ことです。バイアル外面の残留抗がん剤による曝露リスクを軽減し、優れた耐衝撃性により輸送途中や、万一誤って落下させてしまった場合にも割れない、薬剤が飛び散らない、といった特徴を有します。製剤が封入された状態で提供され、そのまま調製が可能です。また、閉鎖式接続器具が使用可能です。

欧州においては、その有効性・安全性が評価され、オーストリアPackaging Award (2002年、2008年)、フランスPackaging Award(Safety:2008年)を、ドイツ病院薬剤師学会賞(2009年)を受賞しました。
抗がん剤の新しい付加価値として、また、抗がん剤を確実に汚染フリーの梱包状態で供給する事は製薬会社の責任であると考え、サンド抗がん剤事業部門は「抗がん剤の新しい時代を切り開いて行きたい」と考えております。

「安心・信頼感」のあるジェネリック抗がん剤を提供するにとどまらず、被曝防止・軽減、調製時間削減等、医療従事者の皆さまに「付加価値」をもたらす取り組みを更に進めていきます。