サンドのジェネリック

高品質なジェネリックで安心・信頼と付加価値をお約束いたします

サンドは急速に成長しているジェネリック医薬品業界のリーディングカンパニーです。サンドはグローバルでは1,000成分を超える幅広い製品ポートフォリオを有しています。また、製品の約47%が製剤化の難しい高度な技術で作られるジェネリックで占められています。このバックボーンを生かし、日本の皆様と社会・医療の現場に付加価値を提供していきたいと考えています。
2009年度の売上は世界第2位でした。これは次に述べるようなサンドの取組みが世界中のお客様に安心・信頼され、支持されているからです。

たとえばバイオシミラー製品について、欧州委員会医薬品部のニコラ・ロシニョール氏には次のように評価を頂いています。
「製品が全ての規制要件に合致し、欧州委員会から承認を得たのであれば、その製品は当委員会で承認されている他の製品と同等の安全性、かつ有効性を持っていると自信を持って言える。」

安心・信頼の指標:サンドの厳格な製造基準

サンドは世界中に高品質な医薬品を供給するために、世界の国々の中で最も厳しい基準を社内基準とした製造を行っております。
サンドのグローバル生産供給体制

【品質】

ノバルティスのグローバル水準は、日本の厚生労働省(医薬品医療機器総合機構:PMDA)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品審査庁(EMA)のガイドラインの中から一番厳しい基準を採用しています。
ノバルティスグループのサンドは高い基準のグローバル水準の品質管理を行い、またGlobal Quality Assuranceによる定期的な監査を受けています。
抗生剤・バイシミラーにおいては、原薬から最終製品まで一貫したプロセスでの生産体制を取り入れ、品質を確保しています。

【安定供給】

ノバルティスグループのサンドは、グローバルレベルの供給体制を持っております。世界30拠点以上(抗生剤は8拠点)からの供給体制を布いており、グローバルネットワークによる安定供給を実施しています。また、APIのセカンドソース態勢も、整備しているところです。

【安全性情報】

サンドは、グローバルネットワークを生かし、世界中で収集した膨大な安全性情報を共有し、その情報に基づき、副作用の発生動向を各国の規制当局に提出しています(PSUR等)。また、医療従事者の皆様には適正使用情報を、患者さんやご家族の方々にはニーズに合わせた安全情報の提供を行っています。

付加価値の創造:医療現場で求められる製品を高度な製造技術で世界中の患者さんに

サンドは抗がん剤・抗生剤・バイオシミラーといった非常に高度な製造技術を必要とする製品を、日本を始め、世界中の患者さんに提供しています。
サンドの抗がん剤
サンドの抗生物質
サンドのバイオシミラー

【コストパフォーマンスの高い製品提供】

ご存じのとおり、ジェネリック医薬品は先発薬と同等の品質・有効性・安全性が得られる一方で、開発費用が少なくてすむため、薬価が抑えられるという製品です。
サンドでは、バイオシミラーという新しい分野のジェネリック医薬品にも尽力しており、価格だけでなく質の高さにこだわった製品開発を行っています。コストパフォーマンスの高い製品を提供することで、患者さんのお役に立ち、医療と社会に貢献できるよう、力を注いでおります。

【バイオシミラーの開発】

サンドは日本で初めてバイオシミラーを上市した、ジェネリック医薬品のパイオニアです。ヨーロッパでは3つのバイオシミラーを上市しています。品質・有効性・安全性の評価が綿密に行われるバイオシミラーは、大規模な開発プログラムを必要とします。サンドは独自の技術とグローバルネットワークにより蓄積された経験を保持し、高い技術力に基づく“未来の医薬品:バイオシミラー”を提供しつづけるトップカンパニーです。ジェネリック選択肢の今後を担い、業界貢献・社会貢献的立場をも受けもっております。
サンドのバイオシミラー

【現場ニーズに対応した製品の工夫】

サンドの製品は、現場や顧客のニーズを取り込み、さまざまな工夫行っています。
たとえばドキソルビシンでは次のような取組みを行いました。
「薬剤師の方々の調製の手間が省け、また被曝という安全性の問題に配慮した”大容量且つ液剤”という他社にない規格・剤型を採用しました。現場の声を取り入れ、先発薬にない画期的な薬剤の工夫はサンドならではの取組みです」

また、その他にも抗がん剤製品に首掛けラベルを追加し、取り違え防止につながるパッケージを採用するなど、現場の声を大切にした、常に新しい取組みを行っています。

大容量且つ液剤製品の例
≪大容量且つ液剤製品の例≫

【薬局向け教育セミナーの開催】

大容量且つ液剤製品の例 サンドでは、ドイツやフランスから、薬局経営者や医薬品卸売業の幹部の方々をお招きして、企業調剤薬局経営者層を対象にしたセミナーを開催しています。代替調剤に対する取組みや薬剤師の地位など、ヨーロッパの先進事例を共有することで、参加者の皆様から好評を頂いています。

【QOL向上を支援】

ジェネリック医薬品は、コストパフォーマンスが高く、先発医薬品の問題点を考慮した製品です。患者さんが病気やけがの治癒に専念できるよう、経済的な負担や錠剤がのみにくいなどといった物理的なストレスから解放されることはとても大切なことです。また、自らの薬を選択することでセルフメディケーションの意識改革にもつながり、患者さんのQOLの向上に根本から関わっていけるよう取り組んでいます。