サンドのジェネリック

サンドのグローバル生産供給体制

サンドは世界8カ所に主要な開発センターを置き、欧州・北米・アジア・南米・アフリカの45ヵ所に生産拠点があります。日本を含め160カ国以上で事業活動を行っているサンドの従業員は約26,000名。このグローバルネットワークの展開により、日本おいても高品質なジェネリック医薬品及びバイオシミラーの安定供給体制を整えています。

グローバルな生産ネットワーク体制を確立しています
(主な生産拠点)


クリックすると画像拡大

世界8ヵ所の研究開発センター がグローバル市場を対象に製剤化の難しい製品の研究開発を行っています


クリックすると画像拡大
※ バイオ医薬品開発センター(3カ所)を除く

バーレーベン工場(ドイツ)

【ヨーロッパ屈指の工場】

ドイツのマグデブルグ近郊に位置し、製剤化の難しい製品を含む経口剤、液剤、外用剤を生産しています。
全世界のサンドの工場の中で最も大きく、製品の約1/4の生産を担っています。10,000品目、100億錠(うち抗がん剤7,600万錠)、を生産し、300成分を扱っており、約1400名の従業員が製品を支えています。
最新のテクノロジーを持ち、規模・能力・技術を兼ね備えた工場です。

クンドル工場(オーストリア)

バイオシミラーの開発および生産

1946年、オーストリアのチロル州にペニシリン製造工場として設立した歴史ある工場では、現在では「未来の医薬品」と呼ばれる新しい分野のバイシミラーの開発をしています。バイオ原薬のほか、経口剤・注射剤・医薬中間体を製造。年間3億パッケージを生産しています。
約3000名が働くクンドル工場は、社内で最も大きな開発と生産の拠点であり、また、抗生物質の製造サイトとしては欧米で最大の工場です。

ルドルシュタッド工場(ドイツ)

吸入剤の開発および生産

ドイツのルドルシュタッドに位置し、吸入剤と眼科に特化した開発・生産を行っています。吸入剤のジェネリック医薬品の開発には、先発薬と同じ性能のデバイスが必要となり、ルドルシュタッドでは、既製品でなく、特注の機械で製造をしています。
サンドのパイプラインにある高価値プロジェクトの開発を行っている工場でもあります。

ウンターラッハ工場(オーストリア)

抗がん剤の開発および生産

アルプス山脈の麓、ザルツブルグ近くに位置するウンターラッハ工場では、抗がん注射剤を開発から生産まで一貫体制で担っています。このサイトは、サンドが経営統合したEBEWE Pharma社において、60年以上の歴史ある工場です。